普段使う印鑑について、もっと知ろう。

印鑑はあなたの分身です。

荷物を受け取った時、通帳を作る時、婚姻届を出す時、雇用契約を結ぶ時や住宅を購入する時など、内容の軽いものから、重要な契約を結ぶ時に必要になってくるのが印鑑です。
重要というだけに、印鑑を押すという行為はその書類の内容を自分自身が認めたという事になり、後になって後悔しても取り消すことはできない程、重要性の高いものになります。
特に重要性の高いのが実印です。
人生の節目となるような重要な契約の時に必要になり、一歩間違うと自身の財産を失ってしまう可能性もあります。
そうならない為にも実印を押す契約の場合は、必ず契約内容にしっかりと目を通しよく理解して納得してから押し、自身の目で確認してもいない書類には絶対に実印を押してはいけません。
また実印や銀行印といった登録印は偽造や悪用されることがあり、金銭的な被害を受ける場合がある為、紛失はもちろんの事、保管場所や他人に印鑑の印影が漏洩しないように細心の注意を払いましょう。
そしてよくあるのが銀行印を認め印として兼用している場合です。
大切な金銭を管理する銀行印の印影を第三者の目に触れさせてしまう機会が多くなり、場合によってはその印影から偽造されてしまうことがあるので、認め印は必ず別に作るようにしましょう。

印鑑はその人であることの証明

欧米では書類を確認するときにはサインをすることが一般的ですが、日本では印鑑が使われます。
印には機能面でいろいろな役割があり、多様な場面で使用されています。
例えば、契約書に印を押す形で使われたり、会社内での決裁書に承認したという証として押印されたりします。
また、市町村に実印としてその印影を登録することによって、本人確認の一環として使用することもできるようになる、という機能もありますので、契約書等にはこれを押印することが多いでしょう。
実印だけでなく、普段使いとして使用される認印もありますが、これは宅急便が届いた時に受け取った証として押すなどの場合に使われます。
個人の場合は、実印、銀行印、認印という形が使い分けるのが一般的です。
法人の場合は、法人格を表す角印、その会社の代表者を表す丸印、さらに銀行印を使い分けているでしょう。
サインはペンがあれば簡単にどこでも書けるというメリットがありますが、印鑑の場合は朱肉を使用するため手間がかかります。
一方、サインの場合は、書きなれていないとサインの形が変わってしまうという難点があると言われていますが、印鑑の場合はその心配がありません。
ただ盗難の心配はありますので管理は慎重に行う必要があるでしょう。

Valuable information

中古釣具買取り
http://www.suzuki-ya.jp/
不用品回収 神戸
http://fuyohin-kansai-pro.com/
オフィスにパーテーションを設置
http://www.panel-ya.com/
金券ショップ 品川
http://oimachi-k.net/
周年 記念品
http://www.glass-art.jp/
スマホケース 作成
http://www.smartphone-case.jp/
遺品整理 相模原
http://wecan-i.com/

Last update:2016/8/10


ページTOP▲